ハート&コミュニケーション
ことばの相談室“ハート&コミュニケーションのホームページ
top プロフ ご予約の流れ        
メールフォーム
お子さんの言葉と発達の相談があル方はこちらからご予約ください

言語聴覚士
関根久美子

 

facebook

blog

salon

今までの臨床経験を生かした“ことばの相談室”をプライベートサロンとして自宅に開設しました。
私自身も2人の息子を育ててきた経験があります。
ことばやコミュニケーションについて心配や気になること、お子さんに聞こえの問題があり子育てに不安がある、発達全般について・・・
などなど、心配があったとしてもカウンセリングによってよい選択をすることができます。
親としてどのように接していけば良いのかを一緒に考えていきましょう。

 

 

関根久美子のこれまでの経験と実績

フランス・ストラスブール大学 言語学 学士修了
フランス・トゥルーズ大学 言語学 修士修了
上智大学大学院言語障害研究コース 前期博士課程 修了
国家資格 言語聴覚士免許取得
日本カウンセリング学会認定准カウンセラー(2013年)

日本言語聴覚士学会正会員
日本コミュニケーション障害学会正会員
ろう・難聴教育研究会役員
子どもの発達支援を考えるSTの会会員
日本カウンセリング学会正会員

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

sekine埼玉県立小児医療センター 
(2003 ~ 2011年まで)
大田区こども発達センターわかばの家 
非常勤 (2003年〜)
都立大塚ろう学校 
乳幼児教育相談相談員 (2006年〜)

病院施設、発達センター、ろう学校など、
指導実績はのべ10000回以上。

個別相談、母親支援、個別指導、グループ指導などお子さんに関する“ことばの相談”、親御さん向けの勉強会の開催などを受け付けています。

 

 

言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist)は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格で、ことばの障害(失語症や言語発達遅滞など)、きこえの障害(聴覚障害など)、声や発音の障害(音声障害や構音障害)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)などがあります。生まれながらの先天性から、病気や外傷による後天性のものがあります。
言語聴覚士は、このような障害のある者に対し、問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために様々なテストや検査を実施し、評価を行った上で、必要に応じて訓練、指導、助言その他の援助を行う専門職です。
言語聴覚士が行う業務は、医師・歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士などの医療専門職、ソーシャルワーカー、介護福祉士、介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などと連携して行い、コミュニケーションや食べる問題を持つ人やその家族に対し、豊かな生活が送れるよう支援を行い、障害の訓練や、患者さんのハンディキャップを軽減するためのご家族に対する助言・指導なども、言語聴覚士の重要な仕事です。

Top> プロフィール>  ご相談のながれ>  ご予約メールフォーム>

©ハート&コミュニケーション 2016